現在は超情報化社会なので、自分の情報を他の人に伝える手段は沢山あります。フェイスブックやブログなどは今や多くの方が利用していて、自分の身近な出来事を簡単に多くの方に伝えることができます。パソコンや携帯が利用されるようになってから、自分が普段考えていることや感じていることを形に残せるようになったことは本当に便利なことです。しかし、パソコンなどが存在しなかった頃は日々の出来事などは紙を利用し、本や日記などに残していました。本とパソコンの違いはというと、パソコンは後からいくらでも文章を書き直したり消したりすることができますが、本は出来上がってしまったら変更できません。それが本の魅力でもあります。本はたとえどんな作品であろうとも立派な文学であり、芸術でもあります。たとえプロの作家でなくても、出版にチャレンジできるのが自主出版になります。

自主出版を考えてみましょう

今の時代情報に溢れていますので、自分の情報を他の誰かに伝えるツールが多くあります。フェイスブックやブログは一番わかり易い例であり、自分の日頃の出来事などを難なく様々な方に知らせることができます。ケータイやパソコンがよく使われるようになってから、自分の思っていることや考えていることをたやすく形に残せるようになったことは素晴らしいことです。けれど、ケータイやパソコンが存在しなかった時代は、人々は日頃の出来事などは紙を頼りにし、本や日記という形で表現していました。本とパソコンの異なる部分は、パソコンは仕上げた後でも何度でも修正したり消したりすることは可能ですが、本は一度作り上げてしまったら修正不可能です。そこが本の魅力と言ってもいいでしょう。本はどんな作品だろうと立派な文学であり、プラス芸術でもあります。そんな文学としての本を、たとえアマチュアだろうとも出版できるのが自主出版になります。

未経験でも本を作ることができる自主出版

情報過多なこの時代ですので、自分のことを誰かに伝えることができるツールは色々あります。ブログやフェイスブックは今や利用者は数多くいて、自分の普段の様子などを形として残せるようになりました。しかし、パソコンがまだこの世になかった頃は、人々は普段の様子を紙を上手く活用し、日記や本として形に残していました。本とパソコンの決定的な違いは、パソコンは文章を書き終えた後修正したり削除したりするのは簡単にできますが、本は作り上げてしまったらそのままの状態です。そこが本の素敵な部分でもあります。本というのは、どんな作品であろうとちゃんとした文学であり、そして芸術でもあります。そんな文学としての本を出版経験がなくても出版に挑戦できるのが自主出版になります。一度は自分の本を出してみたいと考える方もいるでしょうが、機会がありましたら自主出版に挑戦してみてください。